限度額を最終的に決めるのはカード会社

カードローンの限度額は金融機関が決めています。

既婚者はもちろん、独身で一人暮らしをしている人も、お給料日前にお財布がピンチになることがあるので、信販会社のカードローンを利用したい人が増えています。信販会社は、総量規制という法律があるので、収入の3分の1を超える金額は借りることはできません。金融機関は年齢や職業、年収に応じて限度額を決めています。30代以上の安定した収入のある会社員は、利用限度額が高めになっていますが、収入の安定していないパートやアルバイトの場合は、利用限度額が低めになっているので注意をして下さい。基本的には債権者である金融機関が審査を行い、利用限度額を決めています。最初は少ない金額から申し込んだほうが、審査に通りやすくなります。

学生の場合は利用限度額が低めです。

信販会社のカードローンは午前中に申し込んでおくと、最短で即日融資が受けられるので、お財布がピンチの時は本当に助かります。信販会社などの金融機関は、貸し倒れのリスクを避けるために、厳しい審査基準を設定しています。利用限度額は金融機関が年収や職業、年齢などに応じて決めているので、多少の違いがあります。安定した収入のある会社員は、利用限度額が高めになっていますが、パートやアルバイトの大学生や主婦の場合は、やや限度額が低めになっています。カードローンは利用限度額の範囲であれば、何度も利用できますが、借りすぎを防ぐためには、必要のないお金は借りないことも大事です。学生の場合は利用限度額が10万円前後になっています。