長期滞納すると解約の危険性がある

カードローンを強制解約されてしまう場合とは

カードローンを長期滞納してしまうと他のカード会社のローンにも影響が出たりカードを強制解約されてしまったりする可能性があります。ですが、ついうっかり返済を忘れていて数日から数週間後に気付いて慌てたという人も多いですよね。数日から数週間の返済の遅れであれば、実際はそれほど心配することではありません。多くの場合、2ヶ月以上の滞納があれば、強制解約の対象となるでしょう。
さらに、カード会社からの催促の連絡を無視し続けた場合は、強制解約される可能性が高まります。返済を忘れてしまって電話に出るのが怖いという場合でも、しっかりと説明すればわかってもらえることがほとんどですので、必ずカード会社からの連絡には出るようにしましょう。

悪質と認められると裁判になる危険性も

複数回に及ぶ、カードローン返済の催促の連絡にも全く応じず滞納を続けたり、長期に及ぶ滞納を何回も繰り返すという場合は、悪質とみなされて裁判に発展する可能性があります。
長期間滞納を続けると、強制解約をされてしまう可能性がありますが、解約したからと言ってローンの返済がなくなるわけではありません。解約後も催促の連絡に応じなかったり、返済を怠ったりした場合は、裁判に発展するかもしれません。万一裁判になると給与口座を抑えられたり、財産の差し押さえになることもあります。
そのため、強制解約をされてしまったらすぐに返済について対策を練ることが大切です。もし、返済が現実的に難しい場合は、無料法律相談などを利用して返済について相談をすると良いでしょう。