限度額は希望額を提示することが出来る

カードローン会社は契約時に利用限度額を設定する

カードローンは、契約時に「いくらまで融資が可能なのか」という条件をつけられます。これは利用限度額と呼ばれるもので、もし契約時に限度額を「50万円」と設定された場合、ATMで51万円を引き出そうとしてもエラーになります。
では、30万円を借りたいと思ってカードローンに申し込んだのに、限度額を20万円にされてしまうということもあり得るのでしょうか。実は、このようなケースは珍しくありません。というのは、カードローン会社は審査において、「融資できるか否か」の判断だけをしているわけではなく、いくら融資するのかという金額も判断しているからです。そのため、お金を貸すことはできるものの、客の希望額を満額受け入れることはできないという判断もあるのです。

客の希望によって利用限度額が決められることもあり得る

ただ、客の希望額がまったく通らないのかというと、そうとも限りません。たとえば、属性から50万円の融資が可能と判断される客が、利用限度額を10万円と希望して申し込んだ場合、カードローン会社はその希望を受け入れてくれる可能性が高いです。審査終了後、オペレーターが「利用限度額を50万円にすることもできますが」と言ってくる可能性はありますが、そこで「10万円で結構です」と答えれば、まず間違いなく利用限度額は10万円になるでしょう。
また、最初は利用限度額が希望額と比べて低い場合でも、頻繁に利用していると上げてくれる可能性があります。限度額の増枠はカードローン会社から伝えてくることもあり、その場合は、所定の手続きを経て上がることになります。