カードローンの限度額

カードローンを利用する時には限度額が存在します。限度額の範囲内であればいつでもお金を借り入れすることができるので便利な金融サービスです。これから、この限度額についてお話していくので参考にしてくださいね。

限度額は希望額を提示することが出来る

カードローンは、契約時に「いくらまで融資が可能なのか」という条件をつけられます。これは利用限度額と呼ばれるもので、もし契約時に限度額を「50万円」と設定された場合、ATMで51万円を引き出そうとし…

限度額を最終的に決めるのはカード会社

既婚者はもちろん、独身で一人暮らしをしている人も、お給料日前にお財布がピンチになることがあるので、信販会社のカードローンを利用したい人が増えています。信販会社は、総量規制という法律があるので、収入…

収入が多いと限度額も高く設定できる

カードローンの限度額は収入が多いほど大きくなりますが、これには総量規制が大きく関係しています。消費者金融や信販会社のカードローンは総量規制の対象となり、限度額上限は年収の3分の1となります。年収3…

カードローンは金利をよく確かめて上手に使い分けよう

カードローンは無担保で融資が受けられ、用途も指定されません。銀行系は金利が比較的低いですが、審査に多少時間がかかります。消費者金融系は金利が高いですが、ネット等でも即日融資を受けることができます。

カードローンの返済

延滞しないことが一番大事

カードローンを長年利用していると気持ちに甘えが生じてくるケースがあります。それにより延滞を頻発してしまう方がいますが、信用力を下げるので避けてください。一定の信用力を下回ると限度額を下げられたり、…

延滞すると信用情報に記載される

カードローンの利用において最も注意したいのは延滞で、信用情報に名前が登録されてしまいます。この情報は各金融機関が閲覧可能で、過去に延滞履歴があるとすぐにバレてしまいます。審査のときに嘘をついても通…

長期滞納すると解約の危険性がある

カードローンを長期滞納してしまうと他のカード会社のローンにも影響が出たりカードを強制解約されてしまったりする可能性があります。ですが、ついうっかり返済を忘れていて数日から数週間後に気付いて慌てたと…